病院紹介

理念・基本方針・沿革


理念

博愛の精神をモットーに健康増進に寄与し、開かれた医療を提供します。

基本方針

  • 患者様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します
  • 事故のない安全な医療を目指します。
  • 地域との連携を密にし、医療活動を通して地域に貢献します
  • 病院の健全経営を目指しとりくみます
  • 病院職員のやりがいをお互いに支援し合い自己実現を目指します

沿革

昭和45年
  • 前院長 中村博見、中村医院を開設
昭和56年
  • 現病院へ中村医院を移設
昭和63年
  • ベッド数を47床に増床し、なかむら内科病院に名称変更 (老人病棟)
平成5年
  • 院長に中村俊博 就任
平成11年
  • 医療法人博康会を設立
平成12年
  • 療養型病床群に変更
  • 介護療養型病床を27床にする
  • リハビリテーション科開設
  • 増築して現在の形となる
平成13年
  • ヘリカルCTスキャンを導入
平成19年
  • 介護療養病床を20床に減床する
  • 介護リハビリテーションを開始
平成20年
  • 居宅介護支援事業所開設
  • 鴨池デイサービスセンター「和(なごみ)」開設
  • 介護療養病床を8床に減床する
平成22年
  • 病院機能評価 (Ver.6) 認定を取得
平成23年
  • ヘリカルCTスキャン (4列) を導入
平成24年
  • 障害者施設等一般病棟(23床)開設
平成25年
  • 『鹿屋さくら病院』を『医療法人博康会』として運営開始
平成26年
  •  アクラス中央病院と名称変更し、武岡へ移転
  • 認知症治療病棟46床、障害者施設等一般病棟14床増床し、全107床となる