お知らせ

りぃさんぽ第6回「平成29年度 博康会グループ新人職員歓迎会」


前回の更新は遠い過去の記憶になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

嵐を呼ぶ男、齊藤でございます。

 

気が付けば春になり、出会いの季節。当院にも複数の職員が新たに加わりました。今回のりぃさんぽは、先日開催されました当院の新入職員歓迎会の模様をお送りしたいと思います。

 

今回は「平成29年度博康会グループ新入職員歓迎会」と題しまして、新たに加わった17名の入職を歓迎すべく多くの職員が出席しました。まずは新入職員の皆様より、一言ずつ挨拶。皆さん緊張の面持ちで初々しさを感じずにはいられませんでした。

(笑顔がまぶしいです)

 

 

しかし、

そんな新入職員たちよりも、さらに緊張していたのが、この日、博康会グループの上層部より余興を一任されていた我ら「アクラスバンドクラブ」でございました。この会のメインイベントと思っていたのはメンバーだけでしたが、ついに本番の日を迎えました。

アクラスバンドクラブは当院リハビリテーション科スタッフと齊藤による総勢7名による基本的には「にぎやかし専門」のバンドになります。

が!この日ばかりはバンドメンバーのわれわれは脇役に徹し、新入職員を主役になってもらい、楽しんで頂くために真剣に演奏しました。

(ドラムを演奏する齊藤…よりもベースを演奏するイケメンに目がいきます。

どうしてもそうなります。)

 

 

さらに今回は新入職の皆様とアクラスバンドクラブのコラボレート企画「バンド生演奏で新人に“恋ダンス”踊ってもらおうの会」も成功裏に終わりました。

(新垣結衣かと思いましたね)

 

 

さらに、飛び入りで「明らかに様子がおかしい2人組」も登場し、非常に“濃いダンス”を披露しておりました。

(通報されなくてよかったです)

 

 

今回はさらにサプライズ演出として当院院長も演奏に加わって頂き、もはやメンバーの一員と言っても過言ではない溶け込みぶりでございました。

(マルチな才能をいかんなく発揮されました)

 

(高そうなギターです。機材搬入の時、細心の注意を払いました(-_-;)

 

さらに、こんな光景も

(クビにならなくてよかったです)

 

今回は病院からの出演依頼ということで、失敗は許されないという計り知れないプレッシャーに押しつぶされそうになりながら本番の日を迎えました。しかし、本業をおろそかにしない我々は、少ない練習時間のなかでよりよい演奏を求めて、当日は最高のパフォーマンスを発揮できたと自負しております。

 

が、新入職の皆様やその他多くの皆様に楽しんで頂けたかどうかは不明です()

 

 

評判は上々だったようです。

 

 

今後もアクラスバンドクラブはひっそりと活動を続けていく所存ですので、

イベントなどの出演依頼等の連絡はお気軽に齊藤までよろしくお願いします。(てへぺろ)

 

 

そして、今回新たに17名の新入職員を加えた博康会グループ職員一同は、本年度も地域の皆様方に貢献できるよう努力してまいりますので、何卒よろしくお願い致します。