病院紹介

リハビリテーション部



466.jpg

当院のリハビリテーション部は、理学療法士9名、作業療法士10名、言語聴覚士4名の23名により構成され、認知症治療病棟、障害者施設等病棟、回復期リハビリテーション病棟、外来、訪問、通所にてリハビリを提供しております。

当科の目標は『患者様のQOL(生活の質)を高め、“より豊かで、幸せな、その人らしい生活”を営めるよう、最善のリハビリテーションを提供』です。
入院されてから退院されるまで、そして在宅への訪問リハビリも提供できるよう、取り組みを行っております。

また、リハビリ専門職だけでなく、看護部や栄養科などの他職種や患者様と共に目標を共有し、笑顔のある暮らしに向けた取り組みを進めております。
リハビリテーションスタッフが、チーム医療を担う専門職の一員として、絶えず専門性を高めることにより質の高い医療を提供し、治療技術だけでなく患者様の心の問題やリハビリに対する満足度も高めていけるようスタッフ一同日々精進しております。


 

リハビリの対象疾患

  • 脳血管疾患 (脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)
  • 運動器疾患 (肩関節周囲炎、変形性腰椎症、頚・腰椎ヘルニアなど)
リハビリスタッフ
理学療法士 (PT)
acraspt.jpg pt_fukei.jpg

 


脳血管疾患の後遺症や「肩が凝る」「歩くと膝が痛い」「腰が痛い」などの整形疾患など、様々な疾患・症状に対して、徒手療法、運動療法、温熱や低周波などの物理療法などを通じて、痛みの緩和や「座る・立つ・歩く」などの基本的な身体能力の向上を促す訓練を行います。さらには、生活習慣病の予防や介護指導にも取り組みます。


作業療法士 (OT)
acrasot.jpg

疾病により身体または精神に障がいのある患者様に対して、自宅退院及び社会復帰を目指すため一人一人の患者様の生活場面を想定した訓練や支援などを行います。具体的には、作業活動や日常生活動作の訓練、認知症に対する訓練などです。退院後にも安心して生活できるように、実際にご自宅に訪問させて頂き、環境調整や患者様、ご家族への動作指導・介護方法の指導なども行っています。

 

 

 

 


acrasot2.jpg

(作業活動)
生活意欲の向上、認知症予防または進行防止のために様々な作業や手工芸を用いる場面もあります。


jijyogu.jpg

(自助具)
道具を活用することで動作が安全にひとりで行える場合などに、道具の改良や自助具の作成を行います。


言語聴覚士 (ST)
acrasst.jpg

言語療法は、脳卒中等によって言葉の障害(失語症や構音障害)や食べ物の飲み込みの障害(摂食・嚥下障害)、記憶や注意機能の障害(高次脳機能障害)を持つ方々を対象にリハビリを行います。言語機能や嚥下機能等の評価・訓練・指導・助言等を行い、充実した日常生活を送っていただけられるように支援いたします。
また、自宅で生活している方には、外来や訪問にて、訓練・指導も行っています。


リハビリ機器類の紹介

姿勢評価システム PA200

 

pa200_011.jpg

4方向からの全身画像と体重分布を示す足圧センサー情報を取り込んで分析を行い、体重分布と身体アラインメントのバランスが保たれているかを簡単な操作で判断できます。またその結果よりその人にあったエクササイズなどもプリントアウトし持ち帰って頂くことができます。


pa200_marking.jpgpa200.jpg
水圧マッサージ器 クワトロマーノ
Quattromano2.jpg

ベッドに寝たままで全身のリラクゼーションを行うことが出来るベッド型水圧マッサージ器です。


超音波治療器 フィジソニック

 

ES-7_mainImg.jpg

1Mhzと3Mhzの周波数により深い部分にも浅い部分にも作用します。
モードにより、温熱効果、非温熱効果が期待できます。


ニューステップ
Nustep.jpg

高齢者でも座ったまま楽に上肢、下肢、全身の運動が出来るトレーニングマシーンです。


筋力トレーニング機器
muscle.jpg

ローイング/チェストプレス
 腕や胸、上半身の筋力トレーニングが行えます。姿勢や肩関節機能の向上が期待できます。

レッグプレス
 膝を伸ばす運動により下半身の筋力トレーニングや可動域を広げるトレーニングが行えます。

ヒップアダクション
 股を開く、閉じる動作により、股関節周囲の筋力トレーニングや可動域を広げるトレーニングが行えます。


トレッドミル ラボードLX200

 

treadmill.jpg

その人に応じたスピードや傾斜を簡単操作で調整し体力、筋力、持久力を鍛えることができる有酸素運動マシーンです。脈拍数の測定や消費カロリーなどが見やすく分かりやすく表示されます。スポーツ選手から高齢者まで幅広い層で使用することができます。