病院紹介

看護部


看護部理念

私たちは、地域の皆様に信頼され、心が通い合う看護の提供を目指します。

看護部スローガン

可能性を信じたあきらめない看護

看護部方針
  1. 患者様の人権を尊重し、生活の質を考えた看護の提供を行います。
  2. 患者様の安全に配慮した環境づくりと看護を行います。
  3. 患者様・ご家族・地域の皆様に信頼されるチーム医療を行います。
  4. 職員としての品格を高め、責任ある業務を行います。
  5. 良質なケアの提供を目指し、自己研鑽に努めます。
看護職の基本行動五事を正す

近江聖人の中江藤樹の教えに感銘を受け、看護者にも必要とされる行動であると考え、看護師が日々業務を行う上での規範とするようにしました。

…和やかな顔つきで
…まごころをこめて話しかけ
…澄んだ瞳で物事をよく見つめ
…話す相手の気持ちに耳を傾け
…思いやりの心で相手に接しましょう

近江聖人の中江藤樹の教え

当院では、看護スタッフがそれぞれの力をフルに発揮できる環境づくりを目指し、看護ケアをはじめとする勉強会等にも積極的に取り組んでいます。
また、院外研修への受講機会を多く得てもらうために、日本看護協会へ加入し、研修会への積極的参加を行い、職員全員のスキルアップへつなげているところです。

2015年度看護部目標

ゆるがない看護の土台作り

看護部ビジョン

一人一人が自立した看護集団を目指す

平成28年度教育計画

院内教育計画

新人看護師教育年間研修計画

平成27年度の新人教育成果

外来

 

P1080245.JPG

外来では、患者様やご家族の方が安心して受診して頂けるよう支援させて頂いております。

外来通院による治療から、各種検査、薬局処方、医療相談に至るまで、地域に根ざした医療を目指して、コミュニケーションづくりを心がけています。
開放的で広々としたロビー・受付、ゆったりとレイアウトされた待合室など、車椅子の方にも不便のないバリアフリー空間とスムースかつ適切な対応で"まごころ"からはじまる外来医療を大切にしています。


外来目標

患者さまの満足できる看護の提供

①外来業務において看護師の統一した看護技術の定着
②職員間で知識を共有するための勉強会の開催
③他部門との連携と情報共有を円滑に行う



 

病棟

 

IMG_0003.JPG H280719 No2.JPGP1080241.JPG

 

障害者施設等一般病棟

障害者施設等一般病棟とは

 障害者病棟は、重度の肢体不自由者(脳卒中の後遺症の患者様及び認知症の患者様は除く)、脊髄損傷等の重度障害者、重度の意識障害者、神経難病等の患者様を対象とした慢性期の病棟です。
 私たちは、患者様・ご家族に寄り添い、より良い看護の提供ができるよ他職種と連携を図り支援させていただいております。
また、患者様の可能性を信じ、院内レクリエーションやイベントを企画、実施し、ベッドの上では見られない表情や笑顔、日頃と違った変化などを引き出し、残存機能の維持・向上が図れるよう「あきらめない看護」に取りくんでおります。

病棟目標

思いやり精神を大切にし、つなげる・つながる・つづける看護、介護を提供する。

行動計画

①カンファレンスの充実
(毎日のカンファレンス・病棟会でのナラティブ発表2~3人)
②専門職としての知識向上
(院内・院外研修の参加:院外研修・・・看護師2回/年、ケアワーカー1回/年⇒病棟会や看護部会での情報共有)
③ゆとりある職場環境の構築(業務改善)
④患者・家族やスタッフ間のコミュニケーションの 充実


回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、「集中的にリハビリテーションを行い、障害のできる限りの改善と日常生活動作の自立を図る」という役割を持っています。「住み慣れた家に帰る」ため、チームでリハビリテーション医療を提供する病棟です。

■リハビリと看護の連携

当院では、主治医、リハビリテーション専門医、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーが協力して行う「チーム医療」がベースとなり、カンファレンスを定期的に開催し、患者様の今後の生活について検討します。
患者様のゴール(目的)は、「ご自身の生活力を高める」ことです。患者様、ご家族と一緒に「在宅復帰」をめざし、密接に連携して、最善のリハビリ、看護を提供していきます。
「患者様が希望する、より豊かで幸せな、その人らしい生活を手に入れるためのリハビリテーション」を目指します。

病棟目標

患者さまが安心して在宅に戻り、その人らしく生活できるよう多職種一丸となって回復を目指す。

行動計画

①回復期リハビリテーション病棟の機能と役割を理解する
②カンファレンス、ADL表、連絡ノートを活用し、多職種と情報の共有を図り、統一したリハビリ・援助を行う
③ADL向上につながるレクリエーションの充実 


認知症治療病棟
認知症治療病棟とは

当病棟では、薬物療法とともに、作業療法士が中心となって行う日常生活動作の訓練を行っています。レクレーション(体操、歌、創作作業、ビデオ鑑賞など)や誕生日会、院内・院外散歩(買い物)、季節ごとのイベントなどを開催し、患者様の認知機能の維持・向上と、社会とのつながりを実感または、保持できるような看護・介護ケアをおこなっております。
また、周辺症状の緩和に対して、できるだけ薬に頼らないような非薬物療法(アニマルセラピー、音楽療法、園芸作業など)の充実を図り、患者様の心の声や変化をとらえ、喜怒哀楽に寄り添えるよう、認知症治療病棟スタッフ一人一人が、日々、研鑚に励んでおります。
ご家族の介護や周辺症状に対する不安などは、精神保健福祉士が中心となってお話を伺い、医師、看護師、介護福祉士、ケアワーカー、作業療法士、薬剤師、栄養士などの多職種が協力し、ご希望に添えるケアが提供できるよう取り組んでまいります。

病棟目標

ひととのふれあいを大切に「看護」を愉しむ

行動計画

①小集団活動を通して、働きやすい職場環境づくりを実践する
②季節ごとのイベント活動の充実を図る
③患者や家族との交流を愉しむ